水源の違いだけではないクリスタルガイザーのシャスタとオランチャの違い

クリスタルガイザーには
「シャスタ」と「オランチャ」という
異なる水源の商品が販売されています。

シャスタもオランチャも
アメリカのカリフォルニアにある水源です。

水の硬度に違いがあり
シャスタ産の水の硬度は38mg/L、
オランチャ産の硬度は67mg/L
となっています。
シャスタ産のほうが硬度が低いですね。

成分にも違いがありシャスタ産の方には
「バナジウム」が含まれています。

過去にオランチャ産のほうには
人体に害を及ぼさない程度の
ヒ素が検出されたこともありました。
そんなことからシャスタ産のほうが
一般的に人気があったようですが、
現在それを気にして飲む人は
少数派でしょう。

区別の仕方ですがボトルのラベルを
見れば判断できます。
シャスタ産は中央に山のあるイラスト、
オランチャ産は山並みのイラストです。

正規輸入品のものは大塚食品が
輸入しており全てシャスタ産です。
品質管理も厳しくて安全ですが、
当然ながら平行輸入品に比べて
価格が高くなります。

白いキャップの並行輸入品のものは
シャスタ産とオランチャ産がありますので
好みによって選ぶことができますね。

※最近は正規輸入品でも
 白キャップのものがありますので
 上記の判断は完全ではありません。
 ↓ ↓ ↓
 キャップの青が正規品、白が並行輸入品というのは間違い?クリスタルガイザー

クリスタルガイザーは採水地が2箇所ありシャスタ産とオランチャ産があります。

アメリカ合衆国の各地にある
クリスタルガイザーの採水地。
Mt.Shasta(★)
Olancha Peak(★)
Norman
Benton
Salem
Johnstown
Moultonborough

日本国内に出回っているのは、
★印の付いているカリフォルニア州(マップの左端)
Mt.Shasta(シャスタ産)と
Olancha Peak(オランチャ産)の2種類。

正規代理店として大塚食品が
輸入販売しているものはシャスタ産のみ。

一方、並行輸入品はシャスタ産とオランチャ産の両方。

採水地が違うため、成分や硬度に差があります。
シャスタ産は硬度38mg/l
オランチャ産は硬度67mg/l

WHO(世界保健機関)では、
軟水は硬度が120mg/l以下と定義しています。

東京の水道水は60mg/l前後ということなので
オランチャ産は東京の水に近い硬度ですね。
硬度に関して言えばオランチャ産は
飲み慣れている水と言えそうです。

シャスタ産はさらに柔らかな水ということに
なりますが、違いが分かる人は
ほとんどいないのではないでしょうか?

いずれにしても、どちらも日本人が
飲み慣れている軟水でクセのない
飲みやすいナチュラルウォーターです。

クリスタルガイザーとはどんな水?

クリスタルガイザーとは
どのような水でしょうか。

一言で言えば
「軟水の天然ミネラルウォーター」
ですね。

普段、お米を炊いたり、
お茶やコーヒーを
入れたりするときに使う水と
変わらないと言っても
良いでしょう。

日本の水道水と同じ
軟水なので馴染みやすく
口当たりの良い水です。

天然のミネラルウォーター
ですから、ミネラル分が
豊富に含まれておりまろやか。

バナジウムが豊富なことも
特徴の一つです。

クリスタルガイザーは
アメリカ合衆国の地で
採取している天然水を
直接ボトルに詰めた
ナチュラルミネラルウォーター。

アメリカ合衆国の各地に
採取地がありますが、
日本で出回っているのは
シャスタ産とオランチャ産の2種類。

採取地が違うので成分や
硬度も若干違いますが、
ともに軟水でクセがなく
飲みやすいナチュラルミネラルウォーターです。

日本では正規代理店として
大塚食品が輸入販売しています。
大塚食品が取り扱っている商品は
シャスタ産のクリスタルガイザーです。